交通事故治療の流れ

交通事故治療の流れ

HOME >  交通事故治療の流れ  > 交通事故の流れ
  • SETP.1 まずはお電話下さい。

    まずはお気軽にお電話ください。
    交通事故にあうことなどそうないので、気が動転されていることもあるかと思います。むちうちがでている、めまいがする、身体が疲れやすい。

    あるいは事故直後、特に痛いところはなかったのに、頭痛がするようになった。など。 まずはお気軽にお電話いただき、ご来院ください。

  • SETP.2 来院・問診表の記入

    現在の状態を教えてください。

    交通事故にあった際の状況や現在の状態など事故の発生日時や発生状況、どこがどう痛いかなどを問診表にご記入して頂きます。
    そして、問診・視診・触診・各種検査法などにより詳しく症状を把握致します。

  • SETP.3 症状・状態の把握

    書いていただいた内容をもとに、お話を伺います。

    痛みの具合によりどのような施術を行うか、判断します。

  • SETP.4 診察・説明

    診察を行い、施術方針の説明を行います。

    首が原因で手足がしびれていたり、背骨のゆがみから頭痛が起きたり痛む場所に原因があるとは限りません。
    細かな状態のチェックを行い、今後の施術計画を立てます。

  • SETP.5 施術

    症状に合わせ、指圧・マッサージ・温熱療法や電気療法などで施術していきます。

  • SETP.6 状態チェック

    施術後、再度状態をチェックし、日常生活での注意事項のご説明、
    次回来院日時をお伝え致します。

  • SETP.7 次回の予約

    交通事故施術は保険が効くため料金の自己負担はありません。

    痛みや違和感がなくなるまで何度か通院していただきます。

    改善するまでがんばりましょう!